会社員ryoujiブログ 自分との信頼関係を作る

会社員ryoujiブログ

本を読んで気づいたことを自分なりに書いています。

自分との信頼関係を作る


ryoujiです。

いつもありがとうございます。

自分が達成したいことや目標の金額に向けていろんな方法があります。
どれが自分に合う方法なのかも大事なことですがたどり着くまでにモチベーションを落とさないことも大切な要素です。

では、モチベーションをあげて行動するにはどうすればいいか。
今回は自分が学んだことについて書きます。

これは大事なことです。

あなたは、ラポールという言葉は、ご存知でしょうか?



簡単に表現しますと・・・

ラポールとは、信頼関係が築けた状態を言います。



コーチングをするときのコーチとクライアントの関係性、

コンサルティングするときのコンサルタントとクライアントの関係性。



コーチングやコンサルティングのセッションが上手くいくには、

ラポールの状態が作られ、維持できていることが大切です。

ラポールという言葉を初めて聞いたという人もいるのではないでしょうか?

このように、ラポールは、2者間の関係性を表す言葉ですが、
ここでは、自分とラポールをとる話をしていきます。

自分とのラポールって、、、と思った人もいるかもしれないですね。
しかし、自己啓発や成功哲学を学び、同じだけの情報量があっても

成功する人と、成功しない人の差を生み出すのが

自分とのラポールが大きな要因となっているのです。

もし、自分の成功に少しでも興味があれば、今回の話をお聞きください。

成功するか、成功しないかは、わずかな差に過ぎない。
あなたは、もしかすると、成功哲学や自己啓発、心理学など、
いろいろな成功に関する情報に触れた経験があるかもしれません。



定番の書籍からの情報かもしれません。

知人や有名人の名言から知ったのかもしれません。

あるいは、そのような人の伝記や書籍、

あるいはインタビューやネットの情報からかもしれません。



または、セミナーや勉強会で手にした情報かもしれません。

DVDやテレビ番組からの情報からということもあるでしょう。



いずれにせよ

私も経済的な成功を手に入れたい!

名声や尊敬を勝ち取りたい!

幸せという成功を手に入れたい。



そんなふうに感じながらも

とはいえ、そんなの運が良い人だけだよね・・・

一部の選ばれた人、才能がある人だけがうまくいくよね・・・

私にも、成功は手に入れられるのかな??



同時に、こんな考えも頭をよぎるかもしれません。

人間の脳には、成功を望む自分も存在しますし、違う意見がよぎる瞬間もあります。



真逆の意見がでたり、引き止めたり、諦めることに意識を傾ける意見を多くだして

自己説得したりポジティブなことを考えたと思ったら、それに対してネガティブになったり。

時間の経過の中で、今までの経験から、そして、その時その時の刺激により・・・

多様な意見、多様な心の声があまたに存在するのが普通です。



例えば、セミナーにでて、その時は、

「よしっ!私も成功に向かって、習ったことを習慣化し、毎日実践するぞ!

その為には、明日、明後日から準備に入ろう!」



そう硬く決意をして、セミナーを終了した次の日には、

「今日は忙しいから、準備は明日に・・・」



そして、次の日には・・・

成功する人は、成功に向けて、着実に一歩一歩進みます。

成功しない人は、成功しない道を一歩一歩進みます。

成功するか、成功しないかは、この差でしかありません。


その成功する人の脳内対話を紐解けば、

実は・・・高確率で誰でも成功する方法が見えてくるのです。


そう!重要な要素としてあるのが、自分とのラポール。
これが、成功、そして長期的な成功状態を手にする原動力となるのです!

現在の自分が存在するのは今までの自分が作ってきたから。
なので今までの自分が現状維持のために今の自分があるんです。

それを新しいもの、意見を取り入れようとすると現状維持のために拒否します。
ここで現状維持する自分と話し合います。

少しずつ語り合い、意見を合わせることで一緒に歩み始めます。

相手と信頼関係を築くことも大切ですがまず一番は自分と信頼関係を築いていきましょう!
[ 2017/05/22 06:48 ] 学び | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ryouji1960

Author:ryouji1960
ryoujiと申します。
広島在住の会社員です。

できることと、やりたいことを混同させて大失敗をした経験をもとに今は自分が得意としている仕事をしながらも文章や言葉に触れる、自分がやりたい仕事を両立させるために日々活動をしています。

最新コメント
お問い合わせ、相互依頼、リンクはこちらから受け付けております↓↓