会社員ryoujiブログ 成功することを確信するほうがいいのは?

会社員ryoujiブログ

本を読んで気づいたことを自分なりに書いています。

成功することを確信するほうがいいのは?





ryoujiです。いつもありがとうございます。

どんな本を読んでも、実際に成功者と呼ばれる人と話してもいつも思うことがあります。

それは「確信を持っている」こと。


話をしていても一貫性があるというのか、判断基準のブレがないんですね。

まるで、先まで見えているかのような話し方をします。

ゴール設定はいろんな人がしますが、成功者はより強く意識しているのが伝わってきます。


でも、なぜ、確信を持って話すことができるのでしょうか。

成功することが当然と思っているのか。

目標に確固たる自信があるのか。






それは、今も成功哲学で書かれていることが答えでした。

成功哲学にはいろんなことが紹介されています。

そこから導き出される原理原則、法則、黄金律、金言、教訓など。


それらがすべて頭に入っていること。


成功するのが当然であり、目標設定に確固たる自信を持ち、そのゴールが正しいことを確信し、成功しているかのように振る舞う。

はたから見ると

「こりゃ、成功してしまうよね。」

となってしまいます。


では、成功者と同じようにすればいいじゃん。

そうすれば成功できるようになるね。


そもそも、成功哲学の原理原則、法則、教訓、金言、事例などを暗記レベルで頭に入れ、潜在意識までしみこませるのがいいのか。

成功とは成功するまであきらめないこと。

そこに失敗があるのではなく、フィードバックをが存在するだけ。

それをどうとらえるかの差だけです。

例えば、アフィリエイト記事を書いてうまく書けなかったとします。

「やっぱり私には無理なのね」

ととらえて、挫折の原因の原因になってしまいます。


一方、同じ結果を成功者は、

「最初からうまくいかないのが当たり前。

そのうまくいってないというのが負荷になり、筋トレみたいに。

そのつみ重ねが上達の道なんだよね。」


成果が出るやり方で成果が出るまで行動する。

やる気さえあれば成功できます。

次回はこのことについて感じたことを書いていきます。


























[ 2017/07/05 20:00 ] 学び | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ryouji1960

Author:ryouji1960
ryoujiと申します。
広島在住の会社員です。

できることと、やりたいことを混同させて大失敗をした経験をもとに今は自分が得意としている仕事をしながらも文章や言葉に触れる、自分がやりたい仕事を両立させるために日々活動をしています。

最新コメント
お問い合わせ、相互依頼、リンクはこちらから受け付けております↓↓