会社員ryoujiブログ 「捺った」ってどう読むの?

会社員ryoujiブログ

本を読んで気づいたことを自分なりに書いています。

「捺った」ってどう読むの?

これは夏目漱石の「坊っちゃん」に出てくる表現の一つです。

「おさった」と読みます。

印鑑を「捺す」に使われますが、調べてみると、江戸なまりという説もあるみたいです。

最近は明治の文学を中心に読んでいますが、現代では使われないような表現がたくさん出てきて面白いですね(^^♪

おさった、なんて表現、初めて知りました(・∀・)

本を読めば新しい表現方法を身につけることができて文章に活かすことができると思っています(*^^*)

わからない表現や、自分なりに発見した感じがあれば記事にしていきたいと思ってます。

本は、





作者の伝えたいこと、表現方法などが作者によって全然変ってくるところがあるので見てしまいます。

例えば、「三国志」はいろんな作者が書いてますが、時代の流れ、ストーリーは一緒でも、書いている人が違えば、表現方法、焦点の当て方が違いますよね。

それぞれのおもしろさと作者の個性を本から見ることができます。

本を読んで、読む楽しさや、書く楽しさをもっと本から吸い取っていきたいです(*^^*)



[ 2017/10/15 10:00 ] 趣味 | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ryouji1960

Author:ryouji1960
ryoujiと申します。
広島在住の会社員です。

できることと、やりたいことを混同させて大失敗をした経験をもとに今は自分が得意としている仕事をしながらも文章や言葉に触れる、自分がやりたい仕事を両立させるために日々活動をしています。

最新コメント
お問い合わせ、相互依頼、リンクはこちらから受け付けております↓↓