会社員ryoujiブログ 対蹠的と対照的の違いって。

会社員ryoujiブログ

本を読んで気づいたことを自分なりに書いています。

対蹠的と対照的の違いって。

今日の本を読んで気になった言葉は

「対蹠的」

です。

たいしょてきと読みます。
初めて聞く人もいるかもしれません。

自分は初めて聞きました(・・;)

この意味は

「物事の正反対を指す」

と意味だそうです。

よく「対照的」と比較されやすいのですが何が違うのか。

今回はそれについて書いていきます。








対蹠的は先程書きましたが、一方で、対照的というと、

「2つ違いが際立っている」

とあります。


対蹠的は簡単に言うと

「北があるから南がある。」
「西から太陽は沈めば東から太陽が上がってくる」

これはたとえですが、物事の正反対を表しているときに使われるみたいです。

一方の「対照的」は例文を書くと、

「A君はかなりお酒が好きだが、一方のB君は一滴も飲めない。対照的な二人だ。」

このように違いを比較するために使われます。

厳密に言うと違いがあるのですが、同じように使っても問題はないようです。

本の表現はたくさんの発見があって面白いです。

まだまだ発見できらたと思っています。





[ 2017/10/17 10:00 ] 思ったこと、感じたこと | TB(-) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ryouji1960

Author:ryouji1960
ryoujiと申します。
広島在住の会社員です。

できることと、やりたいことを混同させて大失敗をした経験をもとに今は自分が得意としている仕事をしながらも文章や言葉に触れる、自分がやりたい仕事を両立させるために日々活動をしています。

最新コメント
お問い合わせ、相互依頼、リンクはこちらから受け付けております↓↓